クロコダイル ワニ革 財布

クロコダイルのワニ革財布を購入する前に!間違えないクロコダイル財布の選び方

MENU

クロコダイルの財布ってカッコイイですよね!
お会計のときにクロコダイルの財布出した人を見たときに「ちょっとみてしまってこの人!」っと思ってしまいます。

 

私も一度は持ってみたいとずっと思っていました。
そこでいろいろ調べていくと本当にクロコダイルの財布って奥が深いんですよね。

 

ちょっとクロコダイルの財布を見てみるとわかると思いますが、本当に価格に幅があります。
数万円の財布から数十万の財布まで幅広いです。

 

 

これはクロコダイルに使われているワニの種類が違うということや使っている部位で柄も違います。
品質が違うしそれに職人さんの腕でもかなり変わってくるんですよね。

 

じゃあ具体的に何が違っていてどれがいいのって話になりますよね。

 

自分が購入するということを本気で考えて、自分の中でしっかり整理するために記録として「納得のいくクロコダイル財布を選ぶ」というところで書いていきたいと思います。

 

これからクロコダイルの財布を購入しようと考えている方でどれがいいのかわからないという方の参考にもなれば幸いです。

 

ワニ&クロコダイルの種類

 

まず初めに把握しておきたいのがクロコダイルの財布に使われているワニの種類です。
この使用されているワニで価格が大きく変わってきます。

 

ワニにはいろいろな種類があってその中でも

  • クロコダイル科
  • アリゲーター科
  • ガビアル科

などに分かれています。

 

例えばクロコダイル科では

  • イリエワニ
  • ナイルワニ
  • ニューギニアワニ
  • オリノコワニ
  • シャムワニ

など他にもいろいろいます。

 

ちなみにこのクロコダイル科がクロコダイル財布ということになります。

 

アリゲーター科はというとさらに

  • アリゲーター亜科
  • カイマン亜科

などに分けられていて
ミシシッピーワニはアリゲーター科に分類されます。

 

ワニの種類に関しては
こちらのwikipediaで確認していただければと思います。

 

では財布に関していうと何が違うのかというとこれらクロコダイル、アリゲーター、カイマンなどで素材や品質、希少性が全然違うということなんです。
特にクロコダイル高級として扱われ、アリゲーターやカイマンは安価なものが多いです。

 

さらにいうとクロコダイルでもイリエワニやナイルワニなどでも当然柄は違いますし価格が全然違います。

 

クロコダイル財布とワニ革財布

上でわかることはワニ革の財布とクロコダイルの財布は違うということです。
ここでおそらくワニ革の財布とクロコダイルの財布は一緒と思っていた方も多いかもしれません。

 

クロコダイル財布ということで言うのであればクロコダイル科が「クロコダイル財布」になります。
ワニ革の財布というこちであれば「クロコダイル科」も「アリゲーター科」も含まれます。

 

例えば
「このワニ革安いな〜」と思ったものはアリゲーター科やカイマン科の可能性が考えられます。
クロコダイルの財布ということで販売していてアリゲーター科やカイマン科を使っているということは偽物じゃないのってなります。

 

ですから価格だけで判断するのではなくて、使われているワニの種類でまでチェックして判断することがまずは大事です。

クロコダイルの財布に使われるワニ革

 

ちなみにクロコダイルの財布で使われるクロコダイル科のワニ革は4種類だけです。

  • スモールクロコダイル(イリエワニ・ヨーロッパではシンガポールワニとも呼ばれる)
  • ラージクロコダイル(ニューギニアワニ)
  • ナイルクロコダイル(ナイルワニ)
  • シャムワニ

になります。

 

クロコダイルの財布を選ぶときはこの4種類のワニから選ぶことになります。
ちなみにクロコダイルの財布に使われるワニはほとんどが養殖されたものになります。

 

スモールクロコダイル・ポロサス(イリエワニ)

 

流通量が少なく、非常に稀少な皮で皮自体も高級感があって最高級とされているのがこのスモールクロコダイルです。
クロコダイルの財布ですごい高いものはこのスモールクロコダイルだと思います。

 

特徴はうろこが引き締まっていて他のものより細かく、うろこの並びが特徴です。

 

最高のクロコダイルの財布を使いたいという方はこちらのスモールクロコダイルになるかと思います。

ナイルクロコダイル(ナイルワニ)

日本やヨーロッパなどでも人気があり、需要があるのがナイルクロコダイルです。

 

特徴は横腹のうろこが丸みのある長方形になっているところです。

 

高級なものとして扱われています。

ラージクロコダイル(ニューギニアワニ)

日本では古くから使用されているのがこのラージクロコダイルです。

 

特徴はうろこはスモールクロコダイルよりも大きいというのが特徴です。
斑が大きいほうが好きという方ならこちらですね。

 

クロコダイルの財布としては価格的には比較的安いので手に届きやすい種類だと思います。

シャムワニ

シャムワニは人気で日本でも多くの方に使用されているものです。

 

特徴はうろこがスモールクロコダイルよりも小さく、ラージクロコダイルよりも大きいというところです。
そして、うろこが長方形というのも特徴です。

 

まとめ

それぞれの違いでいうとそのうろこの模様の違いです。
うろこが腹部や横腹など部位によって小さかったり大きかったり、縦長だったり違いです。

 

ナイルクロコダイルのように稀少ということで高騰しているものもあります。

クロコダイル財布の選び方

 

ではクロコダイルの財布はどのように選ぶのが良いのでしょうか。

クロコダイル種類(柄)

上でも紹介した通りクロコダイルの財布に使われているものは

  • スモールクロコダイル(イリエワニ)
  • ラージクロコダイル(ニューギニアワニ)
  • ナイルクロコダイル(ナイルワニ)
  • シャムワニ

の4つです。
それぞれうろこに特徴があります。
この中で希少で最高級と言われているのがスモールクロコダイル(イリエワニ)です。

 

別にスモールクロコダイルの柄はあまり好きではないのであれば別のものでも良いですしね。
ですから自分が好きなものを選ぶのが良いと思います。

品質

やはりせっかく高価なクロコダイルの財布を利用するわけですからその品質はチェックしておきたいところです。

 

品質というのはクロコダイルの革の品質もそうですし、その出来上がりの質がポイントです。

 

クロコダイルの革の品質

クロコダイルの革にはスモールクロコダイル、ナイルクロコダイル、ラージクロコダイル、シャムワニがあり、海外などから仕入れます。
この仕入れというところでブランドによって良質なクロコダイルの革を確保できるのかが違うわけです。

 

特にスモールクロコダイルは稀少でなかなか良質なものを仕入れにくいというのがあります。
良質なスモールクロコダイルはエルメスなどが市場を独占していたり、あとは昔からある老舗の池田工芸さんなどは歴史があることからエルメスと同じ良質なスモールクロコダイルを仕入れることができていたりします。

 

当然、なかなか良いクロコダイルの革を仕入れられないブランドも多くあるわけです。
といってもこういったところはなかんか普通の方ではわかりにくいところではありますね。

出来上がりの質

結局それを作る過程、職人によって出来上がりが全然違います。

 

まずはこの写真ですが、これは創業70年の日本最大級の老舗クロコダイル専門「池田工芸」さんのところで作られたクロコダイルの財布と一般的なクロコダイルの財布の違いです。

 

どちらが魅力的なのか一目瞭然ですね。
うろこが丸みを帯びていて高級感があってきれいですね。
たとえばこのクロコダイルの財布を作る工程でクロコダイルのうろこの特徴を台無しにしてしまっている可能性もあるということなんです。

 

このように出来上がるまでの工程、職人の技術があるのかないのかなどでも全然違ってくるわけです。
せっかく本物クロコダイルの財布を持つということならこういったところにもこだわるのが大事だと思います。

使う部位

クロコダイルでも使われる部位が違います。
大きく腹部(胎(はら)ワニ)を使用するバックカットと背(背ワニ)を使用するフロントカットに分けられます。
当然、その2箇所で柄や肌触りが違います。
柄は見た目で好きかどうかで決めるのも良いですが、お腹部分のバックカットは柔らかく、背中部分のフロントカットは硬いというのが傾向にあります。

 

個人的にはバックカットのほうが良いのかなと思います。

クロコダイルの財布にもいろいろな色があります。
ブラック、ラウンド、ブルー、レッド、グリーンなど様々です。
これもブランドによって違いますので色を重視するのであればその色があるブランドの財布を選ぶのも一つでしょうか。

ブランド

上で挙げたようなポイントもありますが、単純にブランドが好きという方も多いでしょう。
たとえばエルメス

 

こういったところを考えてクロコダイルの財布を選ぶのが良いのではないでしょうか。
ではおすすめのエルエスや好きとか、ルイ・ヴィトンが好きとかブランド名で選ぶ方も多いかと思います。
大手ブランドでいうとこういったところがありますね。

  • エルメス
  • ボッテガヴェネタ
  • グッチ
  • ルイ・ヴィトン
  • コーチ

あとは皮・クロコダイル製品で人気実績のある

  • 池田工芸
  • 東京クロコダイル
  • GANZO(ガンゾ)
  • ガウディ

などもチェックしておきたいところです。

 

たとえば東京クロコダイルは海外現地ファームとの商談、原皮の輸入から染色の手配、デザイン、裁断、製造までを一元管理を行っていますし、
池田工芸はクロコダイル業界で75年の歴史があり、日本最大級のクロコダイル専門の工場を抱え、一貫した生産管理を行っています。

 

このように日本製で本物のクロコダイルの財布を手に入れたいというかはこういったところもチェックしておくと良いと思います。

おすすめのクロコダイルの財布ブランド

池田工芸

 

池田工芸は創業70年以上で日本最大級の老舗クロコダイル専門です。
クロコダイル専門の自社工場を構えて一貫した生産管理を行っています。

 

そして、何と言っても仕入れが難しい高品質なスモールクロコダイルを使っているということなんです。
先々代から創業70年以上の信頼と品質からスモールクロコダイルの老舗養殖場のメゾンと共有してその中でも厳選したものだけを取り扱っているということなんです。

 

この時点で高品質なスモールクロコダイルの財布を購入できるのですが、さらに1枚1枚の革ごとに熟練した職人たちが作り上げているというところが魅力です。
素材だけでなくて熟練した技術が合わさって最高のものが出来上がりますね。

 

最高級な品質のクロコダイルの財布を利用するなら池田工芸はチェックしておくべきだと思います。

 

見れば見るほど欲しくなってしまいまうとは思いますが財布はこんな感じです。

Crocodile Longwallet

 

柄と光沢がいいですね。
高級感あふれていていいですね〜

 

他にも財布の色柄などいろいろあるのでその品質を自分の目で確かめてみてください。

 

最後に

好きな財布の柄であったりブランドであったり人それぞれ違うでしょうから、いろいろ調べてみて選ぶと良いと思いますが、私としてはせっかくクロコダイルの財布を持つんだったら本物の高品質が財布を持ちたいと思うようになりました。

 

もちろんそうった財布は高価なので懐具合との相談になりますが、おそらく皆さんもいろいろ調べて見比べてみて深く調べれば調べるほど高品質な本物のクロコダイルの財布が欲しくなると思います。

 

ぜひ自分の満足できる財布を見つけてください。